スタッフブログ

ゴーグルのレンズカラー

皆さん、こんにちは! 

プール担当の上林です。

 

今回はプールで皆さんが使うゴーグルについてお話したいと思います。

皆さんプールで泳ぐとき、深く考えないでゴーグルの色を選んでいないでしょうか?

私の趣味であるバスフィッシングではサングラスのレンズカラーが釣果に直結する、と言われております。サングラスのレンズカラーで水中の見え方が変わるからです。同様にかつて私が楽しんでいた、トライアスロンやスノーボードでもサングラスやゴーグルのレンズカラーは重要だと言われています。両スポーツとも、天候によるコンディションによって(晴れなのか、曇りなのか)複数のレンズカラーを使い分けます。レンズカラーが当日のコンディションに合っていなければ、視界が悪くなったり視野が狭くなったりして危険を伴います。

 

あまり知られていませんが、このように他の趣味やスポーツにおけるゴーグルやレンズカラーの使い分け方は、実は水泳にも当てはまります。

ではどのように使い分けるのでしょうか?

 

それは光量(明るさ)を考えると判りやすいです。

明るい環境であれば、暗い色のレンズを、暗い環境であれば、明るい色のレンズを選択します。暗い色のレンズとはブラックやスモーク、明るい色のレンズとはオレンジやピンク、イエローを指します。この選択基準に、より光を反射させたければミラーの加工を追加します。ただし、目を透けさせたくないという選択基準もあります。

プールの環境は屋内である限り、だいたい暗めのところが多いです。外の光が入らない建物や、夜間照明の環境が当てはまります。このような場合は、光量を増加させる効果があるピンクやイエローのレンズを選択すると、視界が明るくなり水中も見え易くなります。昔、クラブのDJでイエローやオレンジのサングラスをかける方がいたのは、この理論に当てはまります(笑)反対に屋外のプールでは光量が多く、眩しい事が多いので、ブラックやシルバーミラーを選択すると快適になります。

 

プールで泳ぐ時、特に意識しないでブラックやスモークのゴーグルを使用していた方は、是非一度、レンズがピンクやイエローのゴーグルを使ってみてください。視界が明るくなり、世界が変わること間違いなしです!

 

 

 

<一覧へ戻る>